知っているとメリットがありそうな法律

法律というのは・・・[男性 49歳]

法律というのは、実に多岐にわたりますので、その全てを網羅することは不可能に近いですが、身近な法律を知っていると何かとメリットがあります。
その代表格は民法です。
生活に直結した法律ですので、知っているのと知らないとでは、民事上のトラブルに遭遇した時、その対応具合が全く異なってきます。法を知っておくだけで、弁護士を雇わなくても乗り切れる事案も多いのです。
そのような民事上の争い事は縁遠いと考えておられる方も多いかと思いますが、誰もが遭遇しなければならない法律上の民事行為が相続です。

相続人が一人しかいなければ、繁雑な手続きに不平不満を言うだけで事足りますが、相続人が複数いた場合、遺産分割協議を行わねばなりません。相続人同士がどんなに良好な関係であっても、これは一筋縄ではいきません。
しかし、法定相続人、相続分など民法の定めを知っておくだけでも、事がスムーズに運ぶ可能性が高くなります。相続と言えば、相続税の関係で税法も絡んできますが、相続税法も民法によるところが大きいことを忘れてはなりません。

おすすめ!