知っているとメリットがありそうな法律

私の思う、知っているとメリットがありそうな法律は、借地借家法です・・・[男性 50歳]

私の思う、知っているとメリットがありそうな法律は、借地借家法です。

家を借りることも、立派な法律行為です。
この日常的なことと法律的なことが合わさり、知らないことをいいことにうやむやにされているのが、この借地借家問題だと思います。以前の私もそうでした。
法律を知らなくても、生活のために家を借りなければならないため、大抵は大家の言いなりでした。
特に、敷金・礼金はその根拠が未だに分かりません。また、引っ越す場合の修繕費。それらが、どこまで大家が言う金額が正しいのか、分からないのが現実です。

しかし、借地借家法を知っているだけで、支払うべき金額が減るのだそうです。
昔、私は引越しに際して、弁護士に同伴してもらって、大家の家に話し合いに行ったことがあります。それまで、引越しの修繕費はこちらもちだったものが、弁護士が話すと、いきなり大家が支払うようことになり、敷金もきちんと返ってきました。
更に、似ている法律として、定期借地・借家法もあるそうです。

このようなことから、金額が大きい割に、うやむやにされている借地借家法を知っていると、とてもメリットがありそうだと思いました。

おすすめ!